03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 05

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

Posted on --/--/-- --. --:--  edit  |  tb: --  cm: -- 

久々実験。 

にろぐま師やひかりと話てた時にavatarLayerをいじってみる話になって、HUBのサイズや位置を変えたり、アニメーションをつけたりして遊んでいた。(4月上旬あたりのろぐさんや私の日記に書いてありまふ)
関連する日記を読んでいない人のためにちょっと説明。
例えば、通常avatarLayerはcrファイルではこのように記述されている。

  DEF avatarLayer Transform { children [] }

これでHUBが画面に読み込まれるわけだけど、これを

  DEF avatarLayer Transform { translation 0 1 0 scale 2 2 2 children [] }

なんて書くと少し上に浮いて大きさが縦横厚さが2倍のHUBになることがわかった。(UTの一部の交差点で使われてます)
んでもって、

  DEF Null_XForm Transform {translation 0 0 0
  children [ DEF avatarLayer Transform { children [] } ] } # end of Null_XForm
  DEF Null_Mover PositionInterpolator { key [0, 0.1667, 0.3333, 0.5000, 0.6667, 0.8333, 1,]
  keyValue [ 0 0 0,0.2 0.1 0,0 0 0,-0.2 0.1 0,0 0 0,0.2 0.1 0,0 0 0,]}
  DEF Null_Clock TimeSensor { startTime 0 loop TRUE stopTime 0 cycleInterval 1 }
(ろぐま師のAvatarLayer実験のソースより)

こんなにするとHUBが落ち着きが無く揺れたりとかwwアニメーションが付けられるわけです。

という事で本題。
ちょっとやってみたい事があって、そのためにHUBを複数読み込めないかなーと思ったわけです。

  DEF avatarLayer Transform { children [] }
  Transform { translation 0 1 0 scale 2 2 2 children [ USE avatarLayer ] }

こうすれば、背後霊みたいにもう一個でかいHUBのコピーが見えるはず・・・


んがっっ!変化なし。。。orz

あっさり失敗ですwくそう。。。
しょうがないので他の方法を考えよう。。。逝ってきます

※悔しいのでイメージ図だけでもw
HUBてんこ盛り図

11-41-19-287.jpg

ちなみに

  DEF avatarLayer Transform { children [] }
  DEF avatarLayer Transform { translation 0 1 0 scale 2 2 2 children [] }

って普通に2個並べたりとか、avatarLayerをNull_XFormでくるんでNullをUSEしてもダメでした。

category: 実験

Posted on 2008/05/22 Thu. 12:15  edit  |  tb: 0   cm: 2  

コメント

・・・・・。

この空マッド・サイエンティストめ!

こやつらをUTに放つおつもりでつか?

なんと酔狂な・・・・ww

kk-01 #- | URL
2008/05/22 16:37 * edit *

No title

ほーほっほっほ!
UTをこはるHUBで埋め尽くしてやるわ!

こぱ@管理人 #BfO4Z7ts | URL
2008/05/23 11:05 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://cohalumum.blog32.fc2.com/tb.php/41-7031af01
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。